印刷 | 通常画面に戻る |

トリアノン条約

1920年、第一次世界大戦後のハンガリー王国と連合国の講和条約。

 サン=ジェルマン条約オーストリア=ハンガリー帝国の解体が承認された後、ハンガリーではクン=ベラハンガリー革命が起こったため、講和条約の調印が遅れた。革命失敗後成立したハンガリー王国が1920年6月、ヴェルサイユのトリアノン宮殿で連合国と講和条約を調印した。オーストリアからの分離独立が改めて認められたが、次のように領土を周辺諸国に割譲した。これによってハンガリーは領土の3分の2を失った。またハンガリー人(マジャール人)はそれぞれの国で少数民族とされることとなった。
 スロヴァキア → チェコスロヴァキア共和国へ、
 クロアティアスロヴェニアボスニア → セルブ=クロアート=スロヴェーン王国(1929年からユーゴスラヴィアに改称)
 トランシルヴァニア → ルーマニア王国へ編入。
セルブ=クロアート=スロヴェーンとイタリアの双方が領有を主張していたフィウメは両国の協定に委ねられることとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章2節 ア.ヴェルサイユ体制とワシントン体制