印刷 | 通常画面に戻る |

連合国/協商国

第一次世界大戦における英仏露の三国協商とその同盟国を言う。

第一次世界大戦で戦った二陣営の一つ、イギリスフランスロシア三国協商を核とした諸国を連合国という。そこで協商国といわれることもある。英語では Allied Powers または Allied Nations と表記した。
 大戦開戦時はイギリス・フランス・ロシアにセルビアモンテネグロ・日本などが加わり、次いでルーマニアギリシア、アメリカ(1917年4月)、中国などが連合国側に参戦、最終的には27カ国となった。連合国と戦ったドイツ・オーストリア・トルコなどは同盟国という。 → 第2次世界大戦での連合国 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章1節 ア.第一次世界大戦の勃発