印刷 | 通常画面に戻る |

ベトナム国

インドシナ戦争の最中に、1949年にフランスがベトナムに造った傀儡政権。55年に消滅。

 ベトナムインドシナ戦争が拡大する中、フランスはホー=チ=ミンベトナム民主共和国に対抗するため、1949年にバオ=ダイ帝を擁してベトナム国を樹立した。バイ=ダイとはベトナム阮朝の最後の皇帝で、45年にベトナム民主共和国が成立した際し退位していた。
 しかしこのベトナム国は国家の体をなしていないフランスの傀儡政権であった。インドシナ戦争が終結し、フランスが撤退した後の1955年、バオ=ダイ帝は追放されてベトナム国は消滅し、かわってアメリカの支援を受けたベトナム共和国がサイゴンを首都に成立した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章1節 ウ.東アジア・東南アジアの解放と分断