印刷 | 通常画面に戻る |

太平洋安全保障条約/ANZUS

1951年締結のアメリカと太平洋地域諸国の軍事条約。ANZUS(アンザス)条約ともいう。

 太平洋安全保障条約(ANZUS条約)は1951年9月に調印された軍事条約で、正式名称は「オーストラリアニュージーランドアメリカ合衆国間の安全保障条約」という。三つの締約国の頭文字をとって、通称のANZUSが定着した。交渉は、51年2月に真夏のキャンベラで行われ、オーストラリア側の代表はパーシー・スペンダー外相、アメリカ側はダレス国務省顧問であった。朝鮮戦争によって冷戦がアジア・太平洋地域まで拡大したため、アメリカ合衆国が主導して形成された対共産圏包囲網の一環であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章2節 ア.朝鮮戦争と冷戦体制の成立