印刷 | 通常画面に戻る |

ニュージーランド

1642年、オランダのタスマンが到達、1769年にクックが領有を宣言し、イギリス領となった。1931年、イギリス連邦を構成する実質的独立国となる。

 1642年、オランダ人タスマンが、ヨーロッパ人としては初めてこの地に到達した。オランダ東インド会社のタスマンは1642年から43年にかけて広大なオーストラリア大陸の周辺を調査し、この時タスマン島の東に大きな島を見つけた。タスマンはオランダのゼーラント(Zeeland)州の出身なので新ゼーラント(Nieuw Zeeland)島と名付けた。南太平洋の最大の島嶼で、北島と南島からなる。
 後に、1769年にイギリスのクックが来航し、この地をイギリス領と宣言、それからヨーロッパ人の移住が始まった。ニュージーランドには900年前にタヒチなどから移り住んだと思われる、先住民マオリ人が、この島をアオテアロアと呼んでいた。彼らは、宣教師などの白人入植者に激しく抵抗したため、白人の入植は順調ではなかったが、やがて白人が交易品として与えた鉄砲を使って部族間が激しく争うようになったことと、白人のもちこんだ病気によってマオリ人の人口は急激に減少称した。

ワイタンギ条約

 1840年、イギリスは先住民のマオリ人との間でワイタンギ条約を結び、イギリス領に組み入れたので、この時以降、英語式にニュージーランド(New Zealand)と呼ぶようになった。
 ワイタンギ条約ではニュージーランドの土地は永久にマオリ人の共有であると定められていたが、実際にはイギリス人入植者は土地私有の観念のないマオリ人を騙して次々と土地所有権を買い取り、農園を作っていった。条約の内容が守られないことに不満を持った守り人は武器を持って立ち上がり、マオリ戦争と言われる戦闘が起こったが、白人は次第に優位をしめ、マオリ人は土地を失っていった。特に1864年に金鉱が発見され、さらに羊毛の生産が始まると白人の移民が増加し、イギリス植民地として重要性を増していった。

女性参政権と自治

 白人入植者はすでに、1852年には自治を行うようになり、本国イギリスの植民地のなかでも独自の地位を築いていった。またマオリ人に対しては1864年に選挙権を与えている。さらに、1893年には世界最初の女性参政権を実現したことでも知られる。

ニュージーランド王国

ニュージーランド国旗
ニュージーランド国旗
赤い星は南十字星を示す
 1907年、イギリスは正式に自治領として認め、イギリス植民地会議に参加した。さらに、1931年のウェストミンスター憲章で自治領をイギリス連邦の一員として独立することを承認、正式にはニュージーランド議会は1947年に独立を宣言しイギリスとも対等な主権国家となった。
 ニュージーランドは独立国であるが、イギリス国王と同じ国王(エリザベス女王)を国家元首であり、その代理である総督が統治する立憲君主政であので国名はニュージーランド王国である。ただし、国王は本国イギリスと同じで実権はなく、また総督(Governor-General of New Zealand)は、ニュージーランド首相が指名し、イギリス国王が任命する形になっており、実権はなく儀礼的な職務を務めるだけである。立法権は議会、行政権は首相が持ち、いずれも国民の選挙で選出される。
 冷戦時代には、1951年9月にオーストラリア、ニュージーランド、アメリカ合衆国間の安全保障条約である太平洋安全保障条約(ANZUS条約)に加わり、アメリカとの関係を強めた。
 マオリ人人口はその後も減り続けたが、現在では彼らの中にも人権と土地に対する権利の回復を求める運動が起こっており、ニュージーランド政府も一定の譲歩を姿勢を見せている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章1節 イ.イギリス