印刷 | 通常画面に戻る |

タフト・ハートレー法

1947年、アメリカ議会で成立した法律。ニューディール時に制定されたワグナー法を改訂し、労働運動を制限した。

 第二次世界大戦直後のアメリカ合衆国は、大統領は民主党トルーマンであったが、議会では共和党が多数を占めたことで成立した法律。ニューディール政策の一環として1935年に制定され、労働者に大きな保護を与えていたワグナー法を改定して、クローズド・ショップ(労働組合員だけを雇用すること)の禁止、ストライキやユニオン・ショップ(従業員に組合加入を義務づけること)の制限などを設けたもの。第二次世界大戦後のアメリカの保守化を代表する動きであった。 → 労働組合
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章2節 ウ.アメリカの繁栄と西欧・日本の復興