印刷 | 通常画面に戻る |

グレゴリウス暦

1582年に、それまでのユリウス暦に替わり、ローマ教会が定めた太陽暦。現在世界的に用いられている暦法である。

 1582年、ローマ教皇グレゴリウス13世の時に制定された暦法であり、グレゴリー暦とも言われる。ローマ時代のユリウス暦と同じく太陽暦であるが、実際とのずれを無くすために太陽暦を基本として改訂した。現在、世界で広く用いられているの暦法に継承されている。
 ユリウス暦は365日と4分の1とし、4年に一度閏年を設ける暦法であったが、わずかの差であった実際の太陽年(回帰年)との差が累積して、春分の日がカエサルの時から13日早まってしまい、春分の日を基準に復活祭の日を決める教会にとって困ったことになった。そこでローマ教皇グレゴリウス13世が、ユリウス暦を改定、400年間に3度、閏年を省略することで修正した。
 グレゴリウス13世は、激しくなった宗教改革の動きに対抗して、カトリック側の教会改革をめざす対抗宗教改革を進めた、いわゆる改革教皇の一人である。1572年のサンバルテルミの大虐殺のとき、新教徒の殺害を喜んで、ミサをあげたことでも知られている。また、1585年には日本からやって来た天正遣欧使節の少年使節たちの謁見を受けたのもグレゴリウス13世であった。

補足

(引用)ユリウス暦法では4年のサイクルについて、一年の平均値は365.25日となるが、これは正しい値に比べて0.0078日大きすぎる。真の一年が過ぎ去っても、暦の一年がはじまるのが毎年平均して0.0078日おくれるということである。そこでシーザー時代には春分は3月23日ごろであったのに、16世紀には、この遅れがつもって、3月11日ごろになってしまった。春分はキリスト教国では最大の祝日の復活祭の日取りの基礎になるものであるから、その月日が移動しないようにしたいということと、3月20日ころにしたいということから、教皇グレゴリウス13世は、「1582年10月4日の翌日を10月15日と呼ぶこと、キリスト降誕(紀元)年数が、4の倍数の年を閏年とする。ただし紀元年数が百の倍数(当然4の倍数)である場合には、4百の倍数でない限り、平年とする。」と定めた。これがいわゆるグレゴリオ改暦で、西洋では当時これを新式暦と呼び、これに対して4年ごとに必ず閏年を置くユリウス暦を旧式暦と呼んだ。・・・<広瀨秀雄『年・月・日の天文学』1973 中央公論社・自然選書 p.147-148>

グレゴリウス暦の採用

 グレゴリウス暦はヨーロッパのカトリック国では定着したが、他の地域ではすぐに用いられたわけではなかった。まず新教国であったイギリスとその殖民地アメリカはグレゴリウス暦をかたくなに拒んだ。彼らがこの変化を受け入れたのは1751年であった。また東方教会(ギリシア正教会)では、ローマ=カトリックの規則は無視し、イースターを決めるのに依然としてユリウス暦を用いた。またカトリック国のフランスでも、フランス革命が起きると反キリスト教の立場からグレゴリウス暦を廃止して、革命暦を採用した。しかしそれは定着せず、ナポレオンが権力を握るとグレゴリオ暦に戻し、カトリックとの関係も修復された。なお、中世以来、ユリウス暦を使用していたロシアでも、ロシア革命のときに太陽暦に基づく革命暦を制定したが、やはり定着せず、グレゴリウス暦に切り替えた。中国は辛亥革命で1912年に改訂、日本は明治5年の1872年からグレゴリウス暦に切り替えた。現在はイスラーム圏ではイスラーム暦を用いるのが建て前であるが不便な点が多いため、西暦、つまりグレゴリウス暦と併用となっている。<ダニエル・ブアスティン『どうして一週間は七日なのか』大発見1 集英社文庫 などによる>
 → イスラーム暦  ジャラーリー暦  授時暦
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章3節 ケ.ローマの生活と文化
書籍案内

広瀨秀雄
『年・月・日の天文学』
1973 中央公論社・自然選書

ダニエル・ブアスティン
『どうして一週間は七日なのか』大発見1 
集英社文庫