印刷 | 通常画面に戻る |

イスラーム暦/ヒジュラ暦

西暦622年を元年とするイスラーム世界の現在まで続く暦。1年を354日とする太陰暦であるので、実際の季節とずれることが多く、太陽暦と併用されることが多い。

 西暦622年のムハンマドメッカからメディナ(ヤスリブ)へのヒジュラ(聖遷)の年を基点としたイスラーム教世界の暦法。ヒジュラ暦ともいい、第2代カリフのウマルの時に決められた。ヒジュラが行われたのは9月20日であったが、この年の巡礼月があけた日(7月16日)をイスラーム暦紀元元年1月1日とした。1日は日没から始まって次の日没まで。太陰暦であるので各月は新月の出る日を第1日とし、30日の月と29日の月を交互に設け、1年は354日となり、太陽暦よりも11日も短い。したがって太陽暦と違って季節と月が一致せず、毎年11日ずつずれることになる。1月から12月にはそれぞれアラビア語の月名が付けられている。現在でもイスラーム世界ではイスラーム暦が用いられており、1年の日数が違うので、西暦とは単純には換算出来ない。また、完全な太陰暦であるので実際の季節とずれてしまうので、実際には太陽暦と併用されることが多い。なお、トルコ共和国ではイスラーム教が優勢だが、ケマル=アタチュルクのトルコ革命のときに、世俗主義政策の一環としてイスラーム暦を廃止して太陽暦(グレゴリウス暦)を採用した。<黒田壽郎編『イスラーム辞典』p.259 などによる> → ジャラーリー暦  授時暦

出題

東京大学 2007 第3問 問(1) (b)イスラーム教徒独自の暦が、他の暦と併用されることが多かった最大の理由は何か。2行以内で説明しなさい。

解答

早大商 2007 第1問 問I イスラーム暦の1年は何日か。次から選べ。
  1.354  2.356  3.358  4.360

解答

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
4章1節 ア.イスラーム教の誕生