印刷 | 通常画面に戻る |

シドン

東地中海岸のフェニキア人の拠点となった都市の一つ。

 東地中海海岸にあってティルスと並びフェニキア人の海上貿易の拠点として栄えた。現在のレバノンのサイダーという町にあたる。その南に位置するティルスとともに、前12世紀ごろから繁栄したが、アッシリアや新バビロニアに征服され、前6世紀には衰えた。後には十字軍とイスラーム軍の争奪の的となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 オ.東地中海世界