印刷 | 通常画面に戻る |

アッシリア

メソポタミアのティグリス川上流地帯、現在のイラク北部一帯に起こった民族。前9世紀に有力となり、前7世紀にはオリエントを統一して最初の世界帝国となった。

 メソポタミア北部のアッシュールに都市国家を作っていたアッシリア人は前15世紀ごろミタンニ王国などに服属していた。その段階を古アッシリアという。彼らは前9世紀に鉄製の戦車と騎兵を使って有力となり、周辺の征服を開始し、西アジアの分裂時代を終わらせてメソポタミアを統一した。この段階から新アッシリアという。さらに前7世紀にエジプトを征服してクシュ王国をナイル上流のメロエに後退させ、オリエントを統一し、アッシリア帝国を形成した。これはメソポタミアとエジプトという二つの文明圏を含むオリエント世界を初めて統一的に支配した世界帝国であった。

古アッシリア

 アッシリアは現在のイラク北部、ティグリス川とシリア砂漠に挟まれ、小アジアとメソポタミア南部、イラン高原方面とを結ぶ交通の要地を言う。アッシリア人は前3000年紀の末にアッシリア(アッシュール)地方に都市国家を作り、イラン高原の錫(青銅器の原料)の交易を独占して中継貿易で栄えた(この時期を古アッシリアとも言う)。前15世紀ごろミタンニに服属したが、前12世紀頃に滅亡したヒッタイトから鉄器製造技術を受け継ぎ、また鉄鉱石の産地アルメニアを抑えたため次第に有力となった。

新アッシリア

 オリエントの分裂時代にも国家を存続させ、前9世紀には鉄製の戦車と騎兵隊を採用して、次第に強大となった。これ以降を新アッシリアともいい、前8世紀の終わりごろ、サルゴン2世、次いでセンナケリブ王のもとでシリアフェニキアバビロンをつぎつぎと併合し、イスラエル王国を滅ぼした。さらに前663年、エジプトに侵入してそれを征服した。このアッシリアが、メソポタミアからエジプトにかけてのオリエント世界を最初に統一的に支配した「アッシリア帝国」となった。首都のニネヴェをはじめ、ニップール、コルサバード、アッシュールなど多くの遺跡が発掘され、楔形文字の解読による「アッシリア学」がイギリス、フランスで盛んである。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 カ.古代オリエントの統一