印刷 | 通常画面に戻る |

アルデシール1世/アルダシール1世

226年、パルティアを征服し、ササン朝ペルシア初代の王となった。アケメネス朝の継承をかかげ、ゾロアスター教を復興させた。

 イランのササン朝ペルシア、初代の国王。アルダシール1世とも表記。ササン朝というのは、彼の祖父のササン(サーサーン)から来ているが、ササンがどのような人物かは判っていない。ササン家はパールス地方のゾロアスター教大寺院の世襲の守護者であったようで、3世紀の初めごろ、アルダシールの父がパルティア王国から自立して地方政権を樹立、その末子のアルダシールがその地位を継承した。アルデシールは、224年にパルティア軍を破り、国王を殺害した。さらにアルデシールはさらにイランの西部地方を従え、226年にクテシフォンを征服して自ら「王の王」として戴冠した。
 アルダシールは軍事的に成功しただけでなく、アケメネス朝ペルシア国王の後継者を自称し、アケメネス朝の再興を掲げ、ゾロアスター教を保護することによって自らの正当性を演出し、パルティアに変わる支配権を獲得した。
 240年、ユーフラテス川上流のハトラ攻撃中に没し、長男のシャープール1世が王位を継承し、ササン朝の基盤を作った。
アルデシール1世
2010立命館大学入試問題より

出題

立命館大学 2010年 右図は、イランのナクシェ=ルスタムにあるアルダシール1世騎馬叙任式図の磨崖浮彫である。( A )を破ったアルダシール1世は( B )を建国し、ゾロアスター教を国教に定め自らを「諸王の王」と称した。向かって左側がアルダシール1世であるが、向かって右側でディアデム(王位の標識であるリボンのついた環)をアルダシール1世に手渡そうとしている人物はゾロアスター教の最高神( C )である。この文の空欄を埋めよ。(改)

解答

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 キ.パルティアとササン朝