印刷 | 通常画面に戻る |

(1)アルメニア

黒海とカスピ海の間の南カフカス地方の中央に位置する。アケメネス朝ペルシアの支配の後、ローマとパルティア、ササン朝との長い抗争の地となった。4世紀にキリスト教のアルメニア教会が成立。7世紀にイスラーム化し、近代にはトルコ、ロシア間の紛争地帯となる。

 歴史上のアルメニアは、カフカス地方の現在のアルメニア共和国から、トルコ東部のアルメニア高原一帯を含む広範な地域をさす。アルメニア高原はチグリス川、ユーフラテス川の源流となる山岳地帯で、最高峰はアララト山(標高5205m)。黒海、カスピ海、地中海に近く、交易がさかんで、またオリエント文明とギリシア文明の接点でもあった。

アルメニアの歴史

 かつてこの地に広く分布し活動したアルメニア人はインド=ヨーロッパ語系で、ヘレニズム期には黒海からカスピ海にまたがる大国家を形成していた。しかし、周辺の大国の干渉も続き、古代においてはアケメネス朝ペルシアのサトラップが置かれた州の一つであった。ペルシア帝国が滅亡すると、各地に成立したヘレニズム諸国の一つとしてアルメニア王国が成立し、東西交易で繁栄した。
ローマとパルティア、ササン朝の抗争 アルメニアが世界史上、注目されるのは、前1世紀からのローマ帝国とイランのパルティアとの間の勢力争いの場となってからであった。アルメニアは両国の抗争の戦場となって巻き込まれ、さらに3~7世紀にはローマ帝国とササン朝ペルシアとがこの地の支配権を巡って激しく争った。
アルメニア教会 この間、4世紀にはキリスト教の単性説に立つアルメニア教会が成立し、アルメニアは最初にキリスト教を国教とした。その後アルメニア教会はアルメニア人の拡散と共にひろがり、各地にローマ教会とは異なる単性説の信仰を依然として維持している。
アルメニアのトルコ化 7世紀、アラブ人の征服を受けてイスラーム教が及ぶとともに、トルコ人、イラン人など周辺諸民族の支配を受け、特に10世紀以降はトルコ人やクルド人のイスラーム地方政権が興亡する中、次第にアルメニア人のトルコ化が進んだ。ユーフラテス川上流のアルメニア人は、1098年に十字軍国家エデッサ伯国の建国に協力したが、エデッサ伯国は1244年にトルコ人ザンギーに奪回された。この時多数のアルメニア人が虐殺されたという。
 その後、オスマン帝国、サファヴィー朝もこの地を巡って争った後、カージャール朝イランの領土となった。

ロシアの侵出

 その後、カフカス北側からのロシア勢力の南下が著しくなり、第2次のイラン=ロシア戦争の結果、1828年のトルコマンチャーイ条約によって大部分をロシアに割譲された。

アルメニア人虐殺事件

   トルコ内も多数のアルメニア人が残ったが、彼らはキリスト教徒であったため、迫害され、第一次世界大戦の最中の1915年にはアルメニア人虐殺事件が起きた。オスマン帝国は第一次世界大戦に参戦すると、青年トルコ革命政権を指導していたエンヴェル=パシャは、パン=トルコ主義を唱えて、オスマン帝国の一体化を強化しようとした。それに対してアルメニア人やギリシア人など、トルコ人以外の民族の反発が強まったことがその背景であった。この事件は現在でも犠牲者の数や詳細がはっきりせず、責任問題も棚上げになっており、未解決となっている。
 事件は第一次世界大戦中のオスマン帝国の首都イスタンブルで1915年4月24日に始まった。アルメニア人の知識人らが連行され、1923年までにわたって、主に帝国東部でアルメニア人の大量殺人や追放が相次いだ。現在、アルメニア政府は犠牲者150万以上にのぼる、民族根絶を狙った「ジェノサイド(集団殺害)」であると主張している。研究者の間では「数十万人規模」との推定が多い。<朝日新聞 2015年4月28日朝刊 10面 キーワードによる>

NewS 集団殺害か100年後の論争

 オスマン帝国の統治下で起きたアルメニア人迫害から、100年目に当たる2015年4月24日、アルメニアの首都エレバンで追悼式典が行われ、サルキシャン大統領は「『ジェノサイド』の罪に対する揺るぎない国際的な闘争は、われわれの外交政策の一部であり続ける」と演説し、トルコなどに「ジェノサイド」認定を求めた。式典にはフランスのオランド大統領、ロシアのプーチン大統領も出席した。
 「ジェノサイド条約」は、「国民的、民族的、人種的または宗教的な集団の全部または一部を破壊する意図をもって行われる行為」と定義し、ナチス・ドイツによるユダヤ人殺害などが典型とされている。これに対してトルコは、エルドアン大統領が「アルメニア人虐殺は根拠がない」と演説、聴衆の拍手をあびている。
 世界的に在外アルメニア人がジェノサイドと認めるよう運動しており、ロシア、フランス、カナダなど21ヵ国が認めている。ロシアにはアルメニア系が100万人以上にのぼり、外相のラブロフなど有力者もいる。フランスでもシャンソン歌手シャルル=アズナブールを筆頭にアルメニア系が確固たる地位を築いている。アメリカではオバマ大統領が「ジェノサイド」と認める発言をしたが、公式にはNATO加盟問題などで対トルコ関係の悪化を懸念している。
 このように国際関係の絡みもあってアルメニア人虐殺問題はまだトルコ・アルメニア間で解決を見ていないが、最近になってエルドアン大統領もこの事件は「われわれの共通の痛み」と表現したり、第一次世界大戦でアルメニア人がロシア側に参戦したためやむをえず、殺害したケースもあったと、一部殺害を認める動きも出ている。アルメニア側にもトルコとの経済協力が不可欠であるため、余り強気には出れないという事情もある。<以上、朝日新聞 2015年4月28日朝刊 10面 記事による>

(2)アルメニア共和国

コーカサス南部の小国でトルコなど周辺国との領土・民族問題が続く。

 現在のアルメニア共和国はカフカス地方、コーカサス山脈の南の小国で、面積は日本の約13分の1、人口は約300万。首都はエレバン。アルメニア語はインド=ヨーロッパ語系で、宗教はキリスト教の東方教会系のアルメニア教会。  アルメニアは、ながくトルコとイランの抗争の地であったが、カージャール朝の時の1826年にロシアとの戦いに敗れ、イランが28年のトルコマンチャーイ条約でカフカス地方の一部アルメニアのロシアへの割譲を認めた。それ以後アルメニアはロシアの支配下に入った。

ソ連邦を構成

 ロシア革命が起きると1918年にグルジア、アゼルバイジャンと共にザカフカース連邦共和国として独立、すぐに分離してアルメニア民主共和国となった。1922年にはアルメニア社会主義連邦ソヴィエト共和国としてソ連邦の一員となり、36年に再びグルジア、アゼルバイジャンと分離し一つの共和国としてソ連邦を構成した。

ソ連から分離独立

 1991年にソ連の解体によって独立国家共同体の一つとなった。

アルメニア問題

 アルメニア人は、周辺のトルコやアゼルバイジャンのイスラーム教スンナ派、イランのイスラーム教シーア派の中にあって独自の言語と宗教(アルメニア教会)を持っているため、長い民族的な対立が続いてきた。特に、第1次世界大戦の時期のオスマン帝国によるアルメニア人虐殺事件は、まだ真相が明らかにされておらず、深刻な爪痕を残している(アルメニア問題)。また、現代のアルメニア共和国も隣接するアゼルバイジャンとの間で、ナゴルノ=カラバフ帰属問題という領土・民族問題を抱えている。  
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 エ.イラン・アフガニスタンの動向