印刷 | 通常画面に戻る |

ミケーネ王国

古代ギリシアのアカイア人の王国。

 ギリシア本土のアルゴス平野北部にあった王国。ミュケナイとも表記。前1600~前1200のあいだ、この地にギリシア人(当時はアカイア人といった)が王国をつくり、有力となった。1876年のシュリーマンの発掘によって、その王宮跡と思われる城塞が発見され、ミケーネ文明の存在が明らかになった。それは線文字Bといわれる独自の文字を持ち、高度な青銅器文明であった。

貢納王政の社会

ミケーネ王の時代は、後のギリシアのポリス社会とはまったく違った専制的な支配権力を持ち、周辺のギリシア人諸王国を支配し、税を納めさせる貢納王政をしき、その勢力はクレタ島などにも及んだ。またエーゲ海対岸の小アジア北部にあったたトロイア王国との戦争(トロイア戦争)がホメロスの『イリアス』に物語られている。前1200年頃、ミケーネ王国は忽然と姿を消し、その文字も忘れられてしまう。この原因はまだ不明な点が多いが、最近では「海の民」の侵入によって滅ぼされたのではないか、と言われている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 イ.エーゲ文明