印刷 | 通常画面に戻る |

ミケーネ文明

エーゲ文明の後半にあたるギリシアの古代文明。およそ前1600年ごろ~ギリシア本土ミケーネを中心に形成された青銅器文明。

 およそ前1600~1200年の間に、北方からギリシア本土とエーゲ海域に南下してきたギリシア人の第一波とされるアカイア人が、ペロポネソス半島のミケーネなどを中心に高度な青銅器文明を築き、次第に先行のクレタ文明を征服しながら古代文明を形成していった。これがエーゲ文明の後段にあたるミケーネ文明である。

ミケーネ文明の形成

 1876年からのシュリーマンミケーネ遺跡の発掘によってその内容が明らかになってきたもので、王宮跡には巨大な石造建築物の獅子門などがあり、また黄金のマスクなどの金製品が多数出土した。それによってこの遺跡はミケーネ王国の王都跡であることが明らかになった。ミケーネ以外にもティリンスピュロスなどの遺跡から大量の線文字B(ミケーネ文字)資料が発見され、1953年にイギリスのヴェントリスによって解読された結果、その社会のあり方がかなりの程度明らかになってきた。それによるとミケーネ王国の王は専制的な権力を持ち、周辺から税を納めさせる貢納王政をおこなっていた。また、ホメロスの叙事詩『イリアス』に物語られているトロイア戦争のあったトロイア遺跡(現在はトルコ領)もこの時代である。

ドーリア人によるミケーネ文明破壊説は消える

このミケーネ文明は、前1200年頃、アッティカ地方を除いてその都市がいずれも破壊され、文明としても消滅した。ミケーネ文字も含めこの文明は忘れ去られ、ギリシアは暗黒時代に入った、とされている。この大きな変革の原因は、従来はドーリア人などのギリシア人第二波の南下によるとされていたが、現在ではそれは比定され、最近の研究では「海の民」という異民族の侵攻を受けたためではないか、という説が有力になっている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 イ.エーゲ文明