印刷 | 通常画面に戻る |

ピュロス

古代ギリシアのミケーネ文明期の遺跡の一つ。

 ペロポネソス半島南西部にあるミケーネ文明の遺跡で、1939年、アメリカのカール=ブレーゲンが発掘、数百枚の粘土板が出土した。粘土板にはクレタ島で見つかっていた線文字Bが記されており、ギリシア本土とクノッソスのつながりがわかった。ミケーネ時代(前1600年ごろ~前1200年頃のギリシア人諸国の一つ。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 イ.エーゲ文明