印刷 | 通常画面に戻る |

アクロポリス

古代ギリシアのポリスの中心部に位置した丘。

 古代ギリシアにおいて、ポリスに人びとが集住する際に、その中心として神殿を設けた城山のこと。ポリス形成期には、王の居城であったと思われるが、民主政の発展とともに、ポリスの守護神を祭る神殿になったものと思われる。アテネのアクロポリスは特に有名で、パルテノン神殿をはじめとしたいくつかの遺構が現在も残っている。その南麓にはディオニュソス劇場がある。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ウ.ポリスの成立と発展