印刷 | 通常画面に戻る |

ドラコンの立法

古代ギリシアのアテネで平民の権利を守るためにとられた立法措置。

アテネでの貴族と民衆の抗争が激しくなってきた時、前621年にドラコンが立法家に任じられ、それまでの慣習法を、成文化することを委託され、その仕事をやり遂げた。これは、貴族の恣意的な法解釈の幅を制限することによって、平民の利益を前進させるものであった。ドラコンの立法は、アリストテレスの『政治学』やプルタルコスの『英雄伝』に伝えられていたが、1891年イギリスのケニヨンが大英博物館のパピルス文書からアリストテレスの弟子が書いたと思われる『アテナイ人の国制』を発見し、ドラコンの改革の内容が詳細に判った。その中に、「参政権は武装を自弁できる人々に与えられた」とあり、そのような市民がアルコンなどの役職を選出した事が知られる。<太田秀通『スパルタとアテネ』1970 岩波新書 p.114~116 による>
 ドラコンの立法の中の刑法は、小さな罪でも死刑にするという大変厳しい内容であったため、ソロンの改革のときに殺人罪の規定以外は廃止された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 カ.民主政へのあゆみ