印刷 | 通常画面に戻る |

アテネ民主政

古代ギリシアのアテネに典型的に見られる民主政治。

 古代ギリシアの代表的なポリスであるアテネで典型的に発展した政治形態。現在の民主主義を意味するデモクラシーという言葉もこの時期の政治形態を表す言葉として使われた。

民主政の形成過程

 ギリシアを代表するアテネにおいては、ポリスの市民の中で、はじめはポリスの貴族が政権を握り、貴族政が行われていたが、貨幣経済の発展を背景にポリスの平民が台頭し、貴族と平民の抗争が続くようになった。前6世紀の初めのソロンの改革によって平民の一定の権利が認められたが、前6世紀中頃にはペイシストラトス僭主政が行われ、民主政は危機に陥った。そこに前6世紀の終わり頃、クレイステネスが現れ、前508年に画期的な改革を実施してアテネの民主政は確立した。その後、前5世紀の前半のペルシア戦争で、市民軍である重装歩兵密集部隊が活躍、さらに下層民も三段櫂船の漕ぎ手として活躍して発言権を強め、戦後のペリクレスの時代にポリス民主政は最盛期を迎える。この民主政が成立し、存続した前6世紀末から前4世紀末までの約200年間を、ギリシア美術史では「古典期」といっている。(それ以前の前8世紀からのポリス成立期は、「前古典期」または「アルカイック期」という。)

ポリス民主政の特徴と本質

 アテネの民主政は徹底した直接民主政であり、民会民衆裁判所における多数決による決定、公職者(役人)の抽選制や公職者に対する弾劾裁判などによって市民の権利と義務の平等化を図り、独裁政治の出現を予防するシステムは民主主義の理想的な形態である。しかし、そこでいう「市民」とは成年男子のみであり、女性、メトイコイ(在留外人)には参政権が認められず、奴隷制度も存在した。すべての人間の人格の平等や、基本的人権という理念はなかった。それはポリス民主政が、重装歩兵としてポリスの防衛に加わることができる戦士の共同体として始まったという由来によるものであろう。戦争形態の変化や経済の発展で「市民」範疇は拡大していったが、それが限定的であることは変わらなかった。このことを単純に現代の民主主義と比較して評価することは意味のないことであり、一方でポリス民主政を完全なものとして称賛するの誤りである。しかし専制君主政や貴族政ではない、「民主政治というスタイルをギリシア人が最初に発見し、意識化し、制度化したことの世界史的意義」は大きい。<橋場弦『丘のうえの民主政』-古代アテネの実験 1997 東大出版会 などを参照> → ローマの共和政

18歳以上の男子のみが市民権を持つ。

 古代アテネにおける市民権は成年男子市民、つまり18歳以上の男子にのみ付与された。前451年には、ペリクレス市民権法によって、両親ともアテネ人であること(母親の父がアテネ市民であること)が加えられた。古典期ギリシアにおける女性は、総じて政治的権利は認められず、社会的にも不遇だったといえる。

直接民主政

 国家の重要決定に、国民(有権者)のすべてが参画する政治形態で、理想的な民主政治の形態であるが、国家の規模によって実施は難しく、ほとんどが代議制を取っている。古代ギリシアのアテネでは重要決定は市民全員参加の権利がある民会において多数決によって決定され、直接民主政が行われていたといえる。現代ではスイスの州(カントン)では直接民主政が行われている。また議会ではなく、国民投票という方式で直接国民の意志を問う方式をとる国もある。

公職の抽選制

 アテネのポリス民主政では、前478年には、アルコン(執政官)も抽選で選出されるようになった。将軍職(ストラテーゴス)のみは、民会で選挙によって選ばれ(10名)、再任が認められた。アルコン以下の公職者もクジの抽選され、民衆裁判所の陪審員などにも適用された。抽選制、複数制、任期1年という原則は、役人にしろ、裁判にしろ、それを職業とするプロフェッショナルが登場するこを不正と腐敗の原因であると考えたギリシア人が、あえてアマチュアによる政治と裁判にこだわり、市民の参加と責任で自らを統治していくという民主政を維持にとって必要なことであった。しかし、抽選で選ばれるアルコンは次第に実権を失い、代わって将軍の比重が重くなって行き、ペリスレスのように将軍の地位を数年にわたって継続を認められた人物が政治を指導するようになる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 キ.ペルシア戦争とアテネ民主政
書籍案内

太田秀通
『スパルタとアテネ』
1970 岩波新書

橋場弦
『民主主義の源流
―古代アテネの実験』
2016 講談社学術文庫
旧題『丘のうえの民主政』
1997 東大出版会