印刷 | 通常画面に戻る |

三段櫂船

ペルシア戦争のサラミス海戦などで、無産市民が漕ぎ手となり活躍したギリシアの軍船。

三段櫂船
三段櫂船のレリーフ
 ギリシアの三段櫂船(さんだんかいせん、トリエレス。または三段橈船、三層櫂船とも)は、戦闘用ガレー船の一形態で、乗員200名中180人までが三段に設営された板に腰かけて、合図に合わせていっせいに櫂(かい)を漕いだ。アテネの三段櫂船は、最高で時速18kmは出たという。船首には青銅製の「衝角」をつけ、敵船に体当たりして船体を破壊する戦術が採られた。衝角は先端にひれがついており、敵艦に刺さったら抜けなくならないように工夫されている。サラミスの海戦などで活躍したギリシアの三段櫂船の船体そのものが海底から見つかることはないが、青銅製の衝角はいくつか発見されており、ギリシア時代の造船技術の高さを端的に示している。<ランドール・スズキ『沈没船が教える世界史』2010 メディアファクトリー新書 p.114> → ローマ時代のガレー船

漕ぎ手の無産市民が活躍

 漕ぎ手は武器、武具を必要としないから、貧しい市民、最下層の市民つまり無産市民でもなることができ、戦争に参加して勝利を国にもたらす上で大きな働きをした。特に、ペルシア戦争サラミスの海戦での勝利は三段櫂船の活躍があって可能だった。これ以後、三段櫂船の漕ぎ手として活躍した無産市民の発言力が強まり、アテネ民主政が徹底されることとなり、その全盛期を迎える。 → アテネ民主政
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 キ.ペルシア戦争とアテネ民主政