印刷 | 通常画面に戻る |

ガレー船

古代ローマで使用された軍用船から発達し、中世でも地中海で使用された、多数の漕ぎ手の漕ぐ櫂と補助的な帆によって進む船。

ガレー船
 ガレー船は古代の地中海で翌用いられた船舶の一種で、櫂と補助翼で推進した。古代ギリシアのアテネの海軍はサラミスの海戦でペルシア海軍を破った三段櫂船が有名だが、古代ローマでも同様な漕ぎ手を何層にも重ねて多くした船をガレー船と言った。帆は一本マストだけで、多くの漕ぎ手を必要としたので、遠洋航海には向かず、地中海内の沿岸航海に用いられていた。前31年のオクタヴィアヌスの率いるローマ海軍とアントニウス・クレオパトラ連合軍が戦ったアクティウムの海戦は、それぞれ武装したガレー船で戦われた。
 ガレー船は中世に入ってからも地中海の東方貿易で盛んに用いられたが、櫂を上下に配置する大型ガレー船は次第に少なくなり、14世紀ごろからは船幅が広く安定したガレー船が作られるようになり、15世紀には特にヴェネツィアでガレー商船が盛んに作られた。その漕ぎ手は古代ギリシア以来、自由人であったが、労賃が高くついたので、中世末期からは戦争捕虜や囚人が漕ぎ手として使役されるようになった。
 しかし、15世紀後半、大航海時代になると、ポルトガル・スペインでカラベル船といわれる帆船が用いられるようになり、さらに大型の帆船のカラック船ガレオン船易が出現し、遠洋航海術が発達すると、16世紀にはガレー船は用いられなくなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章3節 ウ.内乱の一世紀