印刷 | 通常画面に戻る |

ディアドコイ

「後継者」の意味で、アレクサンドロスの武将たちのこと。大王の死後、互いに争い、勝ち残った三人がアンティゴノス朝マケドニア、セレウコス朝シリア、プトレマイオス朝エジプトに分立した。

 アレクサンドロス大王に従って、その東方遠征に従事した有力武将たちが、大王の急死(前323年)後、たがいに後継者(ディアドコイ)であることを主張して争った。有力なものが7人ほどいたが、アンティゴノス、、デメトリオス、カサンドロス(マケドニア)、リュシマコス(アナトリア)、セレウコス(シリア)、プトレマイオス(エジプト)等が特に有力であった。

Episode アレクサンドロスの嫉妬心

 アイリアノス『ギリシア奇談集』によると、アレクサンドロスは、実は配下の部将たちに嫉妬し、嫌っていたという。
(引用)ピリッポス(フィリッポス2世)の子アレクサンドロスは、配下の部将たちに対して嫉妬心(あるいは敵愾心)がすこぶる強く、どの人間についてもよく言うことはなかったが、その理由は様々であった、と伝えられている。戦術に巧みであるという理由でペルディッカスを憎み、統率の才があるというのでリュシマコスを、勇敢であるというのでセレウコスに敵意を抱いていた。またアンティゴノスの野心満々たる性格も彼の気にさわり、プトレマイオスの要領の良さにも疑念を抱くし、アタリアスの放埒、ペイトンの謀叛心を恐れてもいた。<アイリアノス/松平千秋ら訳『ギリシア奇談集』岩波文庫 p.438 ほぼ同じ話は、p.317 にも出ている。>

ディアドコイ戦争

 このディアドコイ同士の争いであるディアドコイ戦争は前323年から前276年までの約50年にわたって展開された。前301年のイプソスの戦いでは、小アジアのイプソス付近でアンティゴノス・デメトリオス連合軍対カサンドロス・リュシマコス・セレウコス連合軍の戦いとなって後者が勝ち、アンティゴノス・デメトリオス(親子)が敗死した。その後、リュシマコスが有力となったが、セレウコスとの対立が生じ敗れて死んだ。マケドニアではカサンドロスの死後、デメトリオスの子のアンティゴノス2世が前276年に王位に就き、アンティゴノス朝マケドニアを成立させた。それによってシリアにはセレウコス朝シリア、エジプトにはプトレマイオス朝エジプトがそれぞれ独立し、3国の分立が確定的となり、アレクサンドロスの帝国は再統一されることはなかった。なお、ディアドコイ世代の次の後継者たちをエピゴーノイ(エピゴーネン)といい、亜流、模倣者の意味で使われる。

Episode アレクサンドロスの偽遺体

 アレクサンドロス大王は自らゼウスの子と称していたが、バビロンで逝去して今や骸(むくろ)となって横たわっていた。しかし側近の者たちが王位をめぐって内輪もめをしていたため、埋葬されぬままになっていた。「既に世にない人間を土に隠すのは、人間に共通する自然の情が求めるところであるから、極貧の者であっても埋葬の礼は受けるものであるのに、アレクサンドロスは三〇日間も埋葬されずに放置されていたのである。」<アイリアノス/松平千秋ら訳『ギリシア奇談集』岩波文庫 p.358>
 その時、アリスタンドロスという者に神霊がのりうつり、アレクサンドロスの遺骸を収めた土地は、至福の地となり、永久に滅ぼされることはないであろうと宣(のたま)わった。それを聞いたディアドコイと言われた将軍たちは、おのれの支配地の安全を保障するために大王の遺体を自分のところに運んでいこうと願い、激しく争うことになった。まずプトレマイオスが遺体を手にいれ、エジプトのアレクサンドリアに安置した。多くのマケドニア人は静観して動かなかったが、ペルディッカスという武将の一人だけはプトレマイオスに迫り、遺体の引き渡しを争った。
(引用)プトレマイオスは次のようにしてペルディッカスの激しい追及をかわした。アレクサンドロスにそっくりの似姿を作らせて、これに王の衣装を着せ、豪華な弔いの飾りつけをした。さらに金、銀、象牙をほどこした豪奢な棺を作らせ、像をそれに納めてペルシア風の車の一台に安置した。アレクサンドロスの本物の遺体は間に合わせの粗末な着付けをしただけで、人の通らぬ間道で先に送ってしまったのである。ペルディッカスは偽の遺体と飾り立てた車を手にいれると、見事勝負に勝って賭けられていた賞品を獲得したような気になり、追跡をやめてしまった。後になって騙されたことに気づいたが、その時はもう後を追うことができなかった。<アイリアノス/松平千秋ら訳『ギリシア奇談集』岩波文庫 p.359-360>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 ケ.ヘレニズム時代
書籍案内

アイリアノス
松平千秋・中務哲郎訳
『ギリシア奇談集』
1989 岩波文庫