印刷 | 通常画面に戻る |

プトレマイオス朝エジプト

ヘレニズム時代のエジプトを統治したギリシア系の王朝。前304年に建国され、ヘレニズム三国の中で最も栄え、都アレクサンドリアが繁栄した。次第にギリシア的要素は薄まり、エジプト化し、前31年、女王クレオパトラがローマに敗れて滅亡した。

 前304年、アレクサンドロス大王の部将で、後継者(ディアドコイ)となったうちの一人、プトレマイオス1世が建国したエジプトの王国。都はアレクサンドリアで、ヘレニズム文明の中心地として栄えた。ヘレニズム三国の中で最も栄えた国であるが、次第にギリシア的な要素は薄くなり、プトレマイオス家の王もギリシア人の王としてではなく、エジプト伝統のファラオとして君臨し、オリエント的な専制政治を行った。
東地中海支配 プトレマイオス朝は積極的な海上進出を行った。プトレマイオス自身が西はキュレナイカ、東はフェニキアとシリア南部、北はギリシア南部と小アジア南岸、さらにエーゲ海の島々とキプロス島に及んだ。この広大な海上支配権はエジプトの防衛に必要だっただけでなくオリーブ、葡萄、レバノン杉、アラビアの香料などが行き交う交易圏でもあった。

プトレマイオス1世

 マケドニア人。若い頃はアレクサンドロスとともにアリストテレスに学んだ。アレクサンドロスの部将としてその東征を補佐し、その死後、ディアドコイ(後継者)の一人としてエジプトの地方長官となり、前305年からエジプト王と称し、プトレマイオス朝を始めた。彼は文人でもあり、アレクサンドロス大王の伝記も残し、また都のアレクサンドリアにムセイオンという研究施設を建設し、各地から100人もの研究者を招いて自然や人文の研究を保護した。そのエジプト支配は、マケドニア人が支配層をかためたが、古来のエジプトの文化と制度を残し、ギリシア人(マケドニア人)にはギリシア法を、エジプト人にはエジプト法を適用、ヘレニズム三国の中では最も安定した支配を行った。しかしプトレマイオス朝の王は、次第にギリシア色が弱まり、エジプトのファラオの後継者として専制的な統治を行うようになる。プトレマイオスの子孫で、その最後の女王となったのがクレオパトラ(7世)である。

Episode アレクサンドロス霊柩車強奪事件

 アレクサンドロス大王は生前に、自分はエジプト西方のシーワ・オアシスのアモン神殿(ギリシア人にはゼウスのインデント同一視されていた)に埋葬されることを望んでいた。前323年、バビロンで大王が死ぬと、摂政ペルディッカスは遺体に防腐処理を施し、豪華な霊柩車を二年かけて作り、前321年にエジプトではなくマケドニアの古都アイガイに埋葬しようとして送り出した。ところが霊柩車がシリアを通過するとき、エジプト総督プトレマイオスが軍を差し向けてこれを奪い取り、遺体をエジプトに持ち帰ってしまった。彼は首都メンフィスで大王の葬儀を行って埋葬し、後に遺体をアレクサンドリアに移した。大王の遺体を自分の総督領に確保することで、プトレマイオスは他の後継将軍(ディアドコイ)にはない大きな威信を手にすることができた。大王の遺体を奪われた摂政ペルディッカスはプトレマイオス討伐に向かった、討伐軍はナイル川渡河に失敗し、2000人もの溺死者が出た。怒った部下はペルディッカスの天幕に押し入り、殺害してしまった。<森谷公俊『アレクサンドロスの征服と神話』興亡の世界史1 2016 講談社学術文庫 p.280> → アレクサンドロス大王の死

プトレマイオス朝のその後

 前1世紀、東地中海にローマが進出すると、その政争を利用して存続をはかり、女王クレオパトラはカエサルやアントニヌスと結んだ。前31年、アントニヌスがオクタビアヌスの率いる海軍にアクティウムの海戦で敗れると、クレオパトラは自殺してプトレマイオス朝は滅亡する(前30年)。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ケ.ヘレニズム時代