印刷 | 通常画面に戻る |

ホメロス

古代ギリシアの叙事詩『イリアス』・『オデュッセイア』を作ったとされる人物。

 英語表記ではホーマー。ギリシアの古典を代表する叙事詩『イリアス』『オデュッセイア』の作者とされているが、実在の人物であるかどうかわかっていない。これらの叙事詩は、前13世紀ごろのミケーネ文明時代に起こったトロイア戦争の出来事が口承されてきたものが、前8世紀ごろに文章化されたのではないか、と言われている。『イリアス』(イリアッドとも表記)は、英雄アキレウスやアガメムノンが活躍し、有名な「トロイの木馬」の話などを含んでいる。『オデュッセイア』はその続編で、トロヤ戦争後、オデュッセウスが各地を経巡って祖国に帰るまでの話を題材にしている。なお、これらの作品は、ほとんど忘れ去られていたが、ルネサンス期になってイタリアのボッカチオによってそのギリシア語原典が発見され、ヨーロッパに広く紹介されることとなった。
 ホメロスの叙事詩の、文字で書き記され固定化された時代ではなく、ほぼこんにちに近い形にまとまった時代がいつのころであったかの問題は、「ホメロス問題」といわれる複雑な専門的な問題圏を形作っているが、現在ではほぼ紀元前8せいきごろとされている。とすると、そこで描かれている時代とはおよそ4百年のひらきがある。その4百年の間、物語は吟遊詩人に口承詩として伝承され、貴族の館や一般民衆の参加する祭典などで歌い継がれてきたのであろう。<弓削達『地中海世界』新書西洋史② 1973 講談社現代新書 p.31-32>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 コ.ギリシアの生活と文化