印刷 | 通常画面に戻る |

エウリピデス

古代ギリシアの三大悲劇作者のひとり。前5世紀後半、『メディア』などの作品を残している。

 アテネで活躍したギリシア演劇の作者であり、アイスキュロスソフォクレスと並んで三大悲劇作者の一人とされる。ソフォクレスより若いが没年は同じ前406年であった。ソフォクレスに比べて大衆的な人気はなかった。代表作は『メディア』、『バッカスの女たち』などで、古い伝統にとらわれず、世相を反映した台詞を取り入れ、現実に切り込むような作風であった。

Episode エウリピデスが酩酊した話

 ローマ時代(2~3世紀ごろ)の著述家アイリアノスは『ギリシア奇談集』は、ギリシアのポリス時代のさまざまな逸話を伝えているが、その中にエウリピデスのこんな話もある。
(引用)アルケラオス王(5世紀末のマケドニア王)が親しい友人たちのために盛大な宴会を催した時の話である。酒杯を重ねるうち、普通より強い酒を呑んでいたエウリピデスは、次第に酩酊に陥っていった。そのうちに同じ席にいた悲劇詩人のアガトンを抱いて接吻した――既にほぼ四〇歳の年配に達していたアガトンにである。アルケラオスが、あなたはアガトンをまだ恋しい相手だとお考えですかと尋ねると、エウリピデスが答えて、「そうですとも、美しいものがいちばん美しいのは春ばかりではありません、秋だってそうなのですよ」と言った。<アイリアノス/松平千秋ら訳『ギリシア奇談集』岩波文庫 p.230>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 コ.ギリシアの生活と文化
書籍案内

アイリアノス
松平千秋・中務哲郎訳
『ギリシア奇談集』
1989 岩波文庫