印刷 | 通常画面に戻る |

自治市

ローマの被征服都市で一定の自治が認められた都市。

ローマに征服された都市で、上層市民には市民権が与えられ、一定の自治は認められた都市。自治権は軍事面や裁判には及ばず、それらはローマに権限を握られていた。また市民権も認められたとはいえ、婚姻、財産などの民法上にとどまり、ローマ市の役人への立候補や選挙という参政権は認められなかった。 → 分割統治植民市同盟市
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 イ.地中海征服とその影響