印刷 | 通常画面に戻る |

公共浴場

古代ローマの年に建設された大衆娯楽施設。カラカラ浴場が特に有名

 ローマ市内には、アグリッパ浴場、ネロ浴場、ティトウス浴場、トラヤヌス浴場、コンモドゥス浴場など、多くの浴場があった。歴代の皇帝や有力者が、劇場や円形競技場などとと同じように、公共施設として建設し、市民に提供した。単なる公共浴場ではなく、社交場であり、スポーツジムでもある総合娯楽場として市民に利用された。その中で最も規模の大きかったのがカラカラ帝によって建設されたものであり、現在でも遺跡としてその規模を知ることが出来る。

カラカラ浴場

 カラカラ帝の時、216年に完成した。正式名称はアントニヌス浴場だが一般にはカラカラ浴場の名で親しまれている。場所はアッピア街道を南に500mほどたどった右側、貴族の別荘てんざいしていた。堅牢な外壁をめぐらせた幅337m、奥行き328m、総面積約11万平方メートルという広大な敷地に人工基盤が造られ、湯を沸かすための巨大な炉や貯湯タンク、各浴室に熱気を送るトンネルや給湯管が設置されていた。施設の中には浴場施設以外にも遊歩道や運動場、それに図書館をもつ庭園などがあった。浴場施設は面積にして2万5千平方メートルにおよぶ巨大な建物で、プールのように大きな浴室、中央ホール、微温浴室、それに熱浴室が中央軸線上にならび、その両側に脱衣場、各種の浴室やマッサージ室、室内競技場などが左右対称に配置されていた。一度の1000人以上の市民が利用できるローマ最大の公共浴場は、きわめて安い入浴料で利用できる総合娯楽センターだった。この巨大施設に水を供給するための水道も新たに造られた。<青柳正規『皇帝たちの都ローマ』1992 中公新書 p.360>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ケ.ローマの生活と文化
書籍案内

青柳正規
『皇帝たちの都ローマ』
1992 中公新書