印刷 | 通常画面に戻る |

兵馬俑

兵馬俑

秦の始皇帝の墳墓に副葬された多くの兵馬をかたどった陶製の遺物。

1974年、始皇帝陵の東、約1.5kmあたりの地点で農民が井戸を掘っていたところ、地下約5mのところから壊れた陶製の人物像の破片が出てきた。これが端緒となって発掘が行われたところ、巨大な遺構が発見され世界を驚かせることとなった。これが始皇帝の兵馬俑坑である。4つの坑道が発見されているがその中で最大の第1号坑は長さ230m、幅62m、深さ5mで、その中に約6000体の陶製の兵士と馬の像が整然と並べられていた。俑(よう)とは陶製の人形のこと。それらは等身大よりややおおきく、一人一人の表情の違う、個性を持っていた。この兵馬俑は、文献には記されておらず、まったく未知のものであったので人々を驚かせた。始皇帝陵(驪山陵)は盗掘されていたので、この発見が秦の始皇帝の権力のあり方を示す大きな資料となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 カ.秦の統一