印刷 | 通常画面に戻る |

神仙思想

中国古来の神仙を信仰する思想。

神仙思想は紀元前3世紀頃から、山東半島を中心に広がったもので、不老不死の神仙(仙人)が実在するとし、人間が神仙になることを信じている。4世紀に晋の葛洪が著した『抱朴子』では、不老不死になるためには修行によって生を養う養生術と、丹(または金丹)という薬をつくってて服用するという錬丹術がある、としている。神仙思想は後に道教に取り入れられ、民間に広がる。

Episode 不老不死を願った始皇帝、徐福を日本に派遣?

 山東半島のはるか東の海中に蓬莱山などの神仙境があり、そこには不老不死の仙薬があると信じられていた。秦の始皇帝も不老不死を願って仙薬を求め、徐福を蓬莱山に派遣した。徐福は数千人の童男童女をつれて、蓬莱山に向かったという。この徐福の目指した蓬莱山とは日本のことで、徐福が日本に来たという伝説が残っている。丹後半島の東南海岸(京都府)にある新井崎神社は、この徐福を祀る神社だという。<福永光司他、『日本の道教遺跡を歩く』1987 朝日選書 p.94>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 エ.魏晋南北朝の文化
書籍案内

福永光司・千田稔・高橋徹
『日本の道教遺跡を歩く』
1987 朝日選書