印刷 | 通常画面に戻る |

五経正義

中国の唐代に編纂された儒学の基本文献に対する官選注釈書。太宗が孔穎達らに命じて編纂させた。

 漢代以来、儒学の基本文献である五経(書経、詩経、易経、礼記、春秋)の注釈書が多数作られ、解釈が一定しなかった。そこで唐の太宗は、儒学者の孔穎達・顔師古らに命じて、最も標準となるべき注釈を選び、それを規準とすることとした。最終的には高宗の653年に完成したこの『五経正義』は、毎年の科挙の明経科の試験での解釈の基準とされることとなった。いわば、センター試験の際の出題を学習指導要領の範囲内で、教科の記述を規準とすることとおなじことで、官選の国定教科書として編纂されたと言うことができる。
 なお、太宗は633年に、『新定五経』を天下に頒布している。これは従来、五経の本文にもいろいろと誤伝が生じてきているので、顔師古(『顔氏家訓』の著者顔之推の孫)に命じて国定の五経テキストとして編纂させた者である。五経の本文とその注釈を確定することによって、儒学の理念による官吏登用制度である科挙の正当性を高めようとしたものであった。

『五経正義』制定の意義

 五経の正文と注疏の国定化は、唐代文化の特色を端的に物語っている。南北朝の政治的対立が、儒学の文献研究である経学にも、南北の差を生んでいた。大局的に言うと、北方の経学は漢代の儒者の説を継承し、江南のそれは魏晋の学風を受け継いでるいえる。『五経正義』はそうしたもろもろの注釈を検討して作られたが、どちらかといえば魏晋系の解釈が多くとられている。しかし、要するにその意義は、南北両文化の統合であり、統一である。そしてここに公定されたものが科挙制と結びつくことによって、新しい統一時代の貴族の教養を形づくったのである。そしてこの『五経正義』の解釈は、統一中国のみならず、日本も含む周辺諸国においてもスタンダードな教養として受け入れらたのだった。<谷川道雄『隋唐世界帝国の形成』1977 講談社学術文庫版 2008刊 p.211-212>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 イ.唐の制度と文化
書籍案内

谷川道雄
『隋唐世界帝国の形成』
講談社学術文庫版 2008刊