印刷 | 通常画面に戻る |

開元の治

の中期、玄宗の統治時代、安定を回復。

7世紀前半、唐の玄宗の当時の前半の開元年間(713~741)の政治は、「武韋の禍」の混乱を収束し、開元律令の制定など律令制度のもとでの民政安定策の推進などが科挙出身の有能な官吏によって推進された。唐王朝でも7世紀前半の貞観の治と並んで、政治の安定した時代とされる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 エ.唐の動揺