印刷 | 通常画面に戻る |

塩専売制

唐の後半に行われた塩の専売制。塩の密売も盛んだったので反発した密売人による黄巣の乱が起きる。

 安史の乱の最中の761年、は困窮する財政を補うため、塩の専売制に踏み切った。かつて漢の武帝は塩・鉄・酒専売制を採用したが、その後も各王朝は財政が苦しくなると塩を専売として切り抜けており、唐もそれに倣ったものである。淮河と長江の間の海岸(江淮地方)からとれる海塩が主であるが、他に山西省の塩池のように塩分の濃い湖水からとる池塩、四川省のように地下水から塩分をとる井塩などがある。

唐の塩専売制

 唐ではそれまでは製塩業者と塩商人が自由に取引していたが、756年に江淮地方で専売とし、さらに761年に全国に拡大、さらに塩価に10倍の専売税(塩税)をつけて売り、中央歳出の半分以上を塩専売の利益でまかなうほどになった。塩専売制は、781年からの両税法施行とともに唐王朝をなお1世紀以上存続させる財政安定策となった。しかし、農民が働くために補給しなければならない塩に課税するという間接税政策は、悪法でしかなく、闇で安価な塩が出回り、また塩の密売人が利益を上げることとなった。政府は塩の密売を厳しく取り締まったが、そのような中から875年に塩の密売人であった黄巣が反乱を起こすことになる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 エ.唐の動揺