印刷 | 通常画面に戻る |

安史の乱

唐の節度使、安禄山らの起こした大乱。唐の衰退始まる。

755年、節度使安禄山が起こした反乱。反乱軍は一時都の長安を陥れ、唐は滅亡寸前まで行ったが、安禄山が内紛で殺され、その仲間の史思明が反乱軍を指揮したので、「安史の乱」という。ウイグルなどの支援を得た唐が立ち直り、763年、反乱軍を鎮圧し、収束された。乱の直接的原因は、唐の玄宗の寵愛を受けた楊貴妃とそのおいの楊国忠一族と対立した節度使安禄山が反乱を起こしたことであったが、背景には唐の律令制度の行き詰まりという社会不安があった。唐はその後も1世紀に渡って存続するが、安史の乱以後は各地の節度使(藩鎮)が自立し、朝廷の力は弱体化した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 エ.唐の動揺