印刷 | 通常画面に戻る |

遊牧国家

遊牧民がつくった国家。匈奴、突厥、モンゴルなどが広大な帝国を形成した。

ユーラシア大陸内陸の広大な草原、砂漠地帯で遊牧生活を送っていた騎馬遊牧民が、騎馬戦術による武力と、交易ルートであった草原の道(ステップ=ロード)を抑えることによって獲得した富をもとに、周辺の遊牧部族や農耕民を征服して建設した国家。典型的な遊牧国家としてあげられるものは、匈奴帝国柔然突厥帝国ウイグル契丹セルジューク朝モンゴル帝国などである。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第4章1節 ア.遊牧民の生活と国家