印刷 | 通常画面に戻る |

ウイグル

中央アジアのトルコ系遊牧民。8世紀に突厥に代わって建国。安史の乱の時に唐を支援して有力となったが、次第に唐を圧迫するようになり、ソグド商人を保護して東西交易で繁栄した。しかし840年にキルギスによって滅ぼされ、一部は西方に移住、トルキスタンの成立のきっかけとなった。

安史の乱で唐を助ける

 中央アジアで活動したトルコ系の遊牧民。モンゴル草原から中国西部のオアシス地帯で活動し、はじめ同じトルコ系の突厥に服属していた鉄勒の9部族(トクズ=オグズ)の中の一部族であった。8世紀に突厥(第二帝国)が衰退した後、744年に自立してその王は可汗を称し、ウイグル国家を建国した。中国では回紇、のちに回鶻(いずれも訓はかいこつ)などと表記される。おりから唐で、755年安史の乱が起きると唐の求めに応じて援軍を送った。このとき、ウイグル人で唐の都に行った者も多く、草原の遊牧民が中国貴族文化に接することとなった。
マニ教を国教に 安史の乱で唐を助け、762年に洛陽を解放したウイグル王ヤブク汗はマニ教に改宗し、ウイグルの国教とした。反乱の鎮圧に功のあるウイグル汗の後ろ盾もあり、マニ教は中国全土に広がることとなった。768年にはウイグル人のために長安にマニ教寺院の大雲光明寺が建立された。しかし、840年にウイグル汗がキルギスに敗れ、ウイグルの領土が高昌とその周辺地域に限られると、中国各地でウイグルに対する反感が吹き出し、マニ教寺院も破壊された。<山本由美子『マニ教とゾロアスター教』1998 世界史リブレット p.71> → 摩尼教

ウイグル人の西方への移住 トルキスタンの成立

 その後、ウイグルは中央アジアの交易ルートを抑え、ソグド商人を保護して東西貿易に従事させ、マニ教を受け入れて独自の文化を築いた。しかし9世紀には北方のキルギス人の侵入を受けて衰退し、840年に滅亡した。その遺民の一部はタリム盆地に移住し、オアシス都市を支配して西ウイグル王国を建国した。彼らは独自のウイグル文字を生み出すなど高い文化を誇ったが、8世紀頃から中央アジアに入ってきたイスラーム教を信仰するようになった。
 13世紀はじめにはチンギス=ハンのモンゴル帝国に服属する。清朝のとき、乾隆帝に征服されて新疆に組み込まれ、現在は中国の新疆ウイグル自治区の主要住民となっている。

ウイグル人の定住化の歴史的意義

 9世紀にモンゴル高原を中心としたトルコ系民族ウイグル人の遊牧帝国が崩壊し、ウイグル人の一部がタリム盆地に移住し、オアシス都市に混じって定着して都市の商人や都市周辺の農耕民となったことによって、それまでソグド人などのイラン系民族が住民であった中央アジア地域がトルコ民族が主体となる、いわゆるトルコ化がすすむ第一歩となり、トルコ化した中央アジアをトルキスタンと言うようになる。(パミール高原の東の天山山脈・崑崙山脈に南北をはさまれたタリム盆地、タクラマカン砂漠一帯が東トルキスタン、パミール高原の西のシル川・アム川にはさまれた地域が)。 → 中央アジアのトルコ化

ウイグル人の独立運動/東トルキスタン独立運動

中国の新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)でイスラーム教徒であるウイグル人の独立運動が続いており、2000年代に高まっている。

ウイグル人の独立運動

 中華人民共和国は、1955年に新疆ウイグル自治区を設け、ウイグル人の自治を認めたが、ウイグル人側は自治に留まらず独立を要求する勢力が戦前から活動を続けていた。特に1989年の東欧革命の動きに刺激された中央アジア5ヵ国でも民族独立とイスラーム教の復権を求める運動が強まり、その動きは中央アジアのウイグル人を通じて、新疆のウイグル人にも伝えられ、東トルキスタンの独立をデモが暴動に転化する事態が続いた。このウイグル人の独立運動は、チベット問題とともに中華人民共和国にとって国家崩壊につながりかねない問題として目を離すことができない。

東トルキスタン独立運動の激化

 1989年5月19日に中国の民主化運動である天安門事件(第2次)が起こると、それに便乗する形で、新疆大学の学生を中心としたウイグル人学生が蜂起し、自治区政府を襲撃した。さらに翌90年には新疆ウイグル自治区のアクト県バリン郷で数百名のウイグル人が「東トルキスタン共和国の樹立」を叫び、6名の武装警察官を殺害した。
 1991年にソ連が解体し、中央アジア5ヵ国のトルコ系諸民族は独立を達成した。しかし、ウイグル人は中央アジアにおいて736万人を数えながら、独立すべき国をもたなかった。そのことは、中国領の新疆ウイグル自治区の最大民族であるウイグル人を強く刺激し、中国からの独立によって民族国家を樹立し、民族信仰であるイスラーム教信仰を復権させようという運動となって現れた。

イスラーム原理主義との結びつき

 中国政府は、中央アジア5ヵ国が、新疆のウイグル人独立を支援しないようにするため、外交努力を開始し、ウズベキスタンを初めとする5ヵ国に対する経済支援を強め、同時にテロリストと戦うことを掲げて1996年に中国・ロシア・カザフスタン・キルギス・タジキスタンの5ヵ国による上海協力機構(上海ファイブ体制)を結成した。これは経済協力を掲げるとともに、イスラーム原理主義と結びついたウイグル人の分離独立運動を押さえ込むことを狙ったものである。
 1990年代には新疆ウイグル自治区におけるウイグル人の独立運動に関わる暴動事件は1000件以上に上り、中国当局は武装警察による取り締まりの強化とともに、自治区行政府に対する経済支出を増やして独立運動グループと一般大衆を分離させることに努めた。しかしウイグル人独立運動組織は海外にも拠点を持ち、特にそのうちのイスラーム原理主義グループはビン=ラディンとも結んで、国際的なテロ集団とされるに至った。中国は、2001年6月に上海協力機構にウズベキスタン共和国を加えて、上海協力組織(SCO)を結成して、経済協力とともにテロ対策での共同行動を強めた。
 2001年の9.11以降、中国政府はウイグル人の東トルキスタン独立運動グループのいくつかを国際テロ終端として認定し、全面的な弾圧を表明したが、その後も散発的に暴動やテロが続いている。アメリカも、ウイグル人のイスラーム原理主義者がアフガン戦争でタリバンやアルカーイダに加わっているとみて、警戒を強めている。東トルキスタン独立運動は、チベット独立運動におけるダライ=ラマ14世のような、カリスマ性のある指導者が今のところ現れておらず、また広大な地域を一本化することも困難ななか、武装闘争のみがエスカレートして中国に弾圧の口実を与える傾向があり、困難さが予想される。