印刷 | 通常画面に戻る |

柔然

5~6世紀にモンゴル高原で活動した遊牧民族。王は可汗を称す。

5世紀以降、モンゴル高原で活動した遊牧民族で、モンゴル系と言われる。その王は可汗と称する。東トルキスタンに進出し、タリム盆地の東西交易路を抑えて有力となる。5世紀には、鮮卑の拓跋氏が建国した北魏と対抗したが、太武帝によって討たれてから衰え、6世紀中頃、トルコ系の突厥に滅ぼされる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第4章1節 イ.スキタイと匈奴