印刷 | 通常画面に戻る |

スキタイ

前6世紀頃を中心に、黒海北岸の南ロシア草原を中心に、ユーラシア内陸で活動した遊牧騎馬民族。高い騎馬技術と金属器文化を持っていた。

 紀元前7世紀から前3世紀ごろ、パミール高原の西部から、ヴォルガ川までの黒海北岸におよぶ草原の道(ステップ=ロード)で活動した騎馬遊牧民で、前6~4世紀が前世紀であった。スキタイはギリシアの歴史書に現れ、ペルシア人は彼らをサカ人と呼んでいたことが知られる。言語的にはイラン系民族に属するとされる。
 ユーラシア大陸の騎馬民族として最初に登場する民族であり、スキタイ文化は西アジアのヒッタイトなどから鉄器の製造をまなび、それを東方に伝え、他の遊牧騎馬民族に大きな影響を与えた。スキタイ人の存在は、ヘロドトスの『歴史』でも知られるが、南ロシア、ウクライナからクリミア半島にかけての黒海北岸から中央アジアにかけて、彼らの墳墓が多数発見されている。3世紀にゲルマン民族の東ゴート人に滅ぼされた。
スキタイの動物意匠
スキタイ文化の金属器。

スキタイ文化

 騎馬遊牧民であるスキタイ人の文化は、騎馬の技術、馬具、武器に施された動物紋などが特徴である。紀元前1000年紀に中央ユーラシアに広く影響を与えた。
 前7世紀から前6世紀のスキタイ人の主張を埋葬した墳墓(クルガン)が発掘され、おびただしい金製品が発見された。とくに多くの枝に分かれた角を持つうずくまった鹿や豹や、さまざまな姿勢で戦う猛獣を組み合わせた、「動物意匠」と言われる形態をとる金や青銅の製品は、スキタイ文化の高度な到達度を示している。
 右の写真は、鹿の形の金製飾り板で、鳥やウサギ、獅子も見られる。ロシアのケルチ市付近のクーリ=オパ高塚で出土。<『スキタイとシルクロード美術展』カタログ 1969 日経新聞社 図20>

Episode スキタイの皮剥と頭蓋骨の盃

 スキタイ人が活動していたころの黒海沿岸には、多くのギリシア人が植民活動を行い進出していた。またペルシアのダレイオス大王もこの地に侵出を狙っていた。そのようなことから、ギリシアの歴史家ヘロドトスの『歴史』第4巻には、スキタイ人(ギリシア語ではスキュティア)の風習やスキタイ王国のことが詳しく述べられている。その中から興味深い情報をひとつ。
(引用)・・・戦争に関することでは、この国(スキタイ王国)の習慣は次のようである。スキュタイ人は最初に倒した敵の血を飲む。また戦闘で殺した敵兵は、ことごとくその首級を王の許へ持参する。首級を持参すれば鹵獲物の分配に与ることができるが、さもなくば分配に与れぬからである。スキュタイ人は首級の皮を次のようにして剝ぎとる。耳のあたりで丸く刃物を入れ、首級をつかんでゆすぶり、頭皮と頭蓋骨を離す。それから牛の肋骨を用いて皮から肉をそぎ落とし、手で揉んで柔軟にすると一種の手巾ができあがる。それを自分の乗馬の馬勒にかけて誇るのである。この手巾を一番多く所有する者が、最大の勇士と判定されるからである。またスキュタイ人の中には、剥いだ皮を羊飼いの着る皮衣のように縫い合わせ、自分の身につける上着まで作るものも多い。・・・・首級そのものは次のように扱う・・・。眉から下の部分は鋸で切り落とし、残りの部分を綺麗に掃除する。貧しい者であれば、ただ牛の生皮を外側に張ってそのまま使用するが、金持ちであれば牛の生皮を被せた上、さらに内側に黄金を張り、盃として用いるのである。・・・<ヘロドトス/松平千秋訳『歴史』中 1972 岩波文庫 p.40-41>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第4章1節 イ.スキタイと匈奴
書籍案内

ヘロドトス/松平千秋訳
『歴史』中
1972 岩波文庫