印刷 | 通常画面に戻る |

カーディシーヤの戦い

637年、正統カリフ時代のイスラーム教団がササン朝ペルシアを破った戦い。

 正統カリフ時代のイスラームがササン朝ペルシアと戦った最初の勝利。637年夏、第2代カリフのウマルが率いるアラブ軍はカーディシーヤの戦いでササン朝ペルシア軍に大勝、ついで642年のニハーヴァンドの戦いでも勝利し、651年のササン朝滅亡に導いた。

Episode アラブの最初の勝利

 カーディシーヤは現在のイラクにある。アラブの最初の勝利の地として、イラクの独裁者サダム=フセイン大統領はそこに記念館を建設し、湾岸戦争時にはバグダードの新聞に「サッダームにカーディシーヤの勝利を」という論調があらわれ、フセインにはカーディシーヤというニックネームがつけられたという。<牟田口義郎『物語中東の歴史』中公新書>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 イ.イスラーム世界の成立