印刷 | 通常画面に戻る |

ニハーヴァンドの戦い

642年、イスラーム教団がササン朝ペルシアを破った戦い。

642年に、イスラーム教団の第2代カリフウマルササン朝ペルシアを破った戦い。ニハーヴァンド(ネハーヴァンドとも表記)は西部イランのザクロス山中の地。637年のカーディシーヤの戦いの余勢を駆ってササン朝ペルシアの首都クテシフォンを攻略したウマルは、さらに642年にこの地でササン朝に大勝した。敗れたササン朝ペルシアのヤズダギルト3世は651年に従者に殺害され、ササン朝は滅亡した。以後、イランは急速にイスラーム化し、イスラーム勢力はさらに中央アジアに進出していくこととなる。

642年という年

 イスラーム勢力(第3代カリフ・ウマル)が、ササン朝ペルシアを破った歴史的戦いであるニハーヴァンドの戦いのあった642年(年代には異説がある)。この勝利とによってイスラーム国家は、西アジア全域とエジプトを支配する大帝国となった。その後も小アジア、北アフリカではビザンツ帝国との抗争が続いた。なおこのころ、ヨーロッパではフランク王国の分裂が始まり、中国では唐が興隆、玄奘のインドへの大旅行が行われていた。日本では645年に大化の改新が起こる。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 イ.イスラーム世界の成立