印刷 | 通常画面に戻る |

サダム=フセイン

1979年からイラク大統領。独裁権力を握り、イランとの戦争、クウェート侵攻を強行。1991年の湾岸戦争でアメリカに敗れた。2003年にはアメリカ軍の侵攻したイラク戦争で敗れて捕らえられ、2006年に処刑された。

 現代のイラク大統領(1979年~2003年)。バース党、スンナ派を基盤として独裁的な権力を握り、イラン=イラク戦争(1980~88年)ではシーア派イランと戦い、さらに90年、隣国クウェート侵攻を行って国際的な非難を浴び、91年には米軍を中心とした多国籍軍と湾岸戦争を戦って敗北した。1998年には大量破壊兵器の保有疑惑に対する国連査察を拒否し、空爆を受ける。

イラクの情勢

 サダム=フセインは1937年、イラク北部のティクリートで生まれた。ここはスンナ派地域で、バース党の有力者が多かった。サダムは叔父の影響で反英闘争に参加するようになり、20歳でバース党に入党、59年のカシム大統領暗殺計画に加わり、失敗して逃亡し砂漠を放浪し、シリアとエジプトで亡命生活を送った。帰国後も地下活動に従事し、68年バース党のクーデターでバクル大統領政権が成立すると、翌年32歳の若さでバース党最高決定機関の革命指導協議会の副議長に抜擢された。バクルがティクリート出身であったからといわれている。サダムは軍人ではなかったが、巧みな権謀術数で古参党員や軍人を排除し、糖尿病のバクルに替わってバース党の実権を握った。

サダム=フセインの独裁政治

 1979年にバクルが引退して大統領を継承すると、バース党独裁色を弱め、国民議会を再開したりクルド人の自治を認めるなど「民主化」のポーズをとって国民の支持を得た。しかしその権力の実態は、石油を国営会社で独占してその利益をばらまき、軍と治安組織を押さえて反対派に対しては諜報監視網をめぐらして弾圧する「恐怖の共和国」であった。クルド人やシーア派に対して化学兵器をしようして弾圧する一方、「サダム病院」や「サダム空港」を建設し、国の隅々まで肖像を掲げさせて、国父として振る舞うのがその手法であった。<酒井啓子『イラクとアメリカ』岩波新書 2002>

イラク戦争

 2001年の9.11同時多発テロの後、アメリカのブッシュ(子)大統領は、イラクがテロ集団を隠匿し、大量破壊兵器を所有しているとして非難し、2003年にはサダム=フセインの退陣と亡命を要求したが拒否されたためイラク戦争に踏み切った。イラクに侵攻したアメリカ軍によって、サダム=フセインは12月13日に拘束された。2005年からのイラクで始まった裁判の結果、シーア派に対する「人道に対する罪」を犯したとして06年12月30日に処刑された。

Episode サダム=フセインのモデル

 イラクのサダム=フセイン大統領は、自らを戦争の英雄として国民に訴えるために三人の歴史上の英雄をモデルとした。まず、12世紀に十字軍からイェルサレムを解放したサラディン(サラーフ=アッディーン)。この人物はクルド人であったので、対イラン戦においてクルド人を動員するのに役だった。ついで、7世紀にササン朝ペルシアをカーディシーヤの戦いで破った第2代カリフのウマル。イラン=イラク戦争は「サダムのカーディシーヤ」と呼ばれた。さらに「対イスラエル」という点では古代にバビロン捕囚を行った新バビロニア帝国のネブカドネザル2世に擬せられた。<酒井啓子『イラクとアメリカ』岩波新書 2002 p.83-84>

2006.12.30 フセイン裁判と処刑

 サダム=フセイン元イラク大統領に対する裁判は、国際法廷ではなくバグダードのイラク高等法廷で2005年10月から始まった。罪状は、イラン=イラク戦争中の82年のドゥジャイル村でのシーア派住民148名の虐殺、クルド人に対する化学兵器による虐殺(アンファル作戦)など全部で13件に上っていたが、2006年11月5日、高等裁判はドゥジャイル村事件のみで「人道に対する罪」を犯したと認め死刑判決を出した。12月26日にはフセインの控訴を棄却して、わずか4日後の30日に処刑した。<『朝日新聞』2006.12.31 などによる>
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

酒井啓子
『イラクとアメリカ』
岩波新書 2002