印刷 | 通常画面に戻る |

ナスル朝

グラナダを拠点としたイベリア半島最後のイスラーム教国。

 後ウマイヤ朝が衰退したイベリア半島では、いくつもの小国が分立したが、その中の一つがナスル朝で、1230年頃に成立した。まもなくグラナダに遷都しアンダルス(イベリア半島のイスラーム教徒の地域)を統一した。北方のキリスト教国カスティリヤ王国と南のマグリブのマリーン朝(都フェズ)とにはさまれていたが、巧みな外交によって独立を維持した。都グラナダにアルハンブラ宮殿を造営し、西方イスラーム文化を開花させた。次第にキリスト教勢力のレコンキスタ(国土回復運動)が強まり、1492年にスペインイサベルフェルナンドカトリック両王によって滅ぼされ、イベリア半島最後のイスラーム王朝となった。 → 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章2節 ウ.西方イスラーム世界の変容