印刷 | 通常画面に戻る |

ハディース

イスラーム法の根拠とされるムハンマドの言行録。

ムハンマドの言行録とされるもので、コーランと並んでシャリーア(イスラーム法)の基準となる。9世紀にブハラ出身のブハーリーが、16年の歳月を費やし、60万のハディースを収集し、このなかから信頼度の高い3700余の伝承を選んで『真正ハディース集』にまとめた。この後も多くのハディース集が編まれたが、いずれもブハーリーの伝承集を基本にしている。<佐藤次高『イスラーム世界の興隆』世界の歴史8 中央公論社 1997 p.167> 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章4節 ウ.学問と文化活動