印刷 | 通常画面に戻る |

ガイセリック

5世紀に北アフリカにヴァンダル王国を建国したゲルマン人の王。455年にはローマを略奪した。

 ゲルマン人の一派ヴァンダル人を率い、429年にイベリア半島から北アフリカに入り、ヴァンダル王国を建国した。430年にはかつてのカルタゴが繁栄した地を征服した。そのとき、ヴァンダル軍に包囲されたピッポの町でキリスト教の教父アウグスティヌスが没している。

北アフリカから南イタリアに進出

 ガイセリックの率いるヴァンダル王国は、さらに地中海の対岸のシチリアサルデーニャにも進出した。455年にはローマを掠奪している。ローマからは撤退したが、西ローマ帝国の滅亡を早めることとなった。476年の西ローマ帝国滅亡の翌年、ガイセリック王は死去した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
5章1節 ア.ヨーロッパの風土と人びと