印刷 | 通常画面に戻る |

ブルグンド人/ブルグンド王国

5世紀にライン中流にブルグンド人が建てたゲルマン諸国の一つ。

 オーデル川下流域にいたゲルマン人の一派での一派ブルグンド人が、ゲルマン人の大移動の中で、406年にライン川を超え、ガリア(後のフランス)に侵入、ライン川中流域から東ガリアにブルグンド王国を建設した。437年にフン人と戦って敗れ、国王グンテルを失った(この戦いを題材としたのが、中世ドイツの『ニーベルンゲンの歌』である)。
 後にサヴォイア地方に王国を再建、フランス東南部からスイスに及ぶ地域を支配した。ガリア北方で有力となったフランク人と争い、534年に滅ぼされ、フランク王国に征服された。ブルグンド王国のあった地域が後のブルゴーニュ地方である。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 ア.ヨーロッパの風土と人びと