印刷 | 通常画面に戻る |

ヴァンダル人/ヴァンダル王国

ゲルマン人のヴァンダル人は遠く北アフリカにまで移動し、ヴァンダル王国を建国した。

 ゲルマン人の一派での一部族ヴァンダル人が、ゲルマン人の大移動のなかで、遠く北アフリカに移動して建国した国。ヴァンダル人ははじめ現在のドイツ・ポーランドの国境地帯、オーデル川流域に居住していたが、フン人に圧迫されて406年に移動を開始、ガリア(現在のフランス)を通り、イスパニアに入った。さらに西ゴート人に追われて、429年ジブラルタル海峡を超え、北アフリカに逃れ、さらに現在のチュニジア、かつてカルタゴが繁栄したところに王国を建設した。地中海貿易に進出し繁栄、ガイセリック王の時の455年にはにローマを掠奪し、西ローマ帝国の滅亡を早めた。ヴァンダル王国はさらにシチリアなどの地中海の島も支配した。

Episode ヴァンダリズム

 英語で、「野蛮な行為」、「文明の破壊」を意味する vandalism ということばは、ヴァンダル族からきている。彼らがローマを破壊したことから、ありがたくない言葉が残ってしまった。

ヴァンダル王国の滅亡

 ヴァンダル王国は、かつてのカルタゴの地を拠点に、5世紀のガイセリック王の時に強大となり、ローマを占領し、さらにシチリア島なども支配した。しかし6世紀に入ると次第に衰退に向かい、533年東ローマ帝国のユスティニアヌス帝の派遣したベリサリウス将軍の率いる1万6千の軍勢の攻撃によって、534年に滅亡した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 イ.ゲルマン人の大移動