印刷 | 通常画面に戻る |

ヘラクレイオス1世

7世紀のビザンツ帝国の皇帝。軍管区制を始める。

 7世紀のビザンツ帝国皇帝(在位610~641)。東方のササン朝ペルシアと戦い、628年にはその首都クテシフォンに迫ってササン朝を降服させ、シリア・エジプトなどを奪回した。これ以後をヘラクレイオス朝(610~711)といい、ビザンツ帝国は一時、勢力を回復した。しかし、7世紀以降の北方からのスラヴ人の侵入、ササン朝を滅ぼしたイスラーム勢力の進出などによって圧迫されていく。正統カリフ時代のイスラーム軍と戦って敗れ、636年にはシリア、639~641年にはエジプトを失った。
 これらの辺境での領土防衛の必要から、ヘラクレイオス1世の時に、軍管区制(テマ制)がとられた、とされているが、実際の軍管区制の完成するのは9世紀であるらしい。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 ア.ビザンツ帝国の繁栄と衰亡