印刷 | 通常画面に戻る |

遠隔地貿易

11世紀から活発になったヨーロッパの遠隔地間の交易。

古代のローマ帝国のもとで地中海世界が安定し、広く交易が行われていた状況は、ローマ帝国が衰退し、8世紀に始まるイスラーム勢力の侵入によって中断された。その後、三圃制の普及などによって始まった西ヨーロッパ中世世界の変容の一環として11世紀末から十字軍運動が始まり、それに刺激されるように12世紀の北イタリアのヴェネツィア商人などによる東方貿易(レヴァント貿易)が盛んになり、地中海東岸のレヴァント地方からアジア原産の香料や織物を輸入してヨーロッパにもたらされるようになった。さらに東方へは、初めの頃はスラヴ人などを奴隷として売りさばいていたが、後にはイタリア産の羊毛製品を輸出した。また12世紀後半からは、フランドルや北フランス産の羊毛製品が、シャンパーニュ大市を経てジェノヴァの商人に渡り、彼らによって東方に輸出されるようになる。こうして地中海の遠隔地貿易をめぐって、北イタリアのヴェネツィアとジェノヴァの激烈な競争が展開されるようになる。このような、東方貿易や、北海・バルト海沿岸での貿易などが遠隔地貿易が最初に盛んになった例である。これらの遠隔地貿易は商業ルネサンスとも言われる貨幣経済の復興と都市と商業の復活を顕著にさせることとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 イ.商業の復活