印刷 | 通常画面に戻る |

バルト海

スカンディナビア半島とヨーロッパ大陸の間の海域で、遠隔地貿易の重要な交易圏。デンマーク、スェーデン、ロシアなどの支配が交替した。フィンランド、バルト三国はロシア・ソ連の支配から独立した。

バルト海沿岸の諸民族

 バルト海沿岸の内陸部は、寒冷で土地も肥沃ではないため農耕は困難であったため、この地を原住地としていたゲルマン人は4世紀から陸上と海上で移動を開始した。その後には、同じゲルマン人の系列にあるスラヴ人の中のポーランド人、またその北東にはリトアニア・ラトビア人(インド=ヨーロッパ語族)、エストニア人(ウラル語族)の後にバルト三国といわれる人々などが定住した。バルト海の北西に面したスカンジナビア半島と西を扼するユトランド半島にはフィン人(ウラル語族)とノルマン人(インド=ヨーロッパ語族)が漁業などを生業にして活動した。このうち、ノルマン人は、バルト海に面してデンマークスウェーデン / ノルウェーの三国を形成した。

バルト海貿易

 11世紀ごろの中世後期から盛んになった、ヨーロッパの遠隔地貿易の一つで、地中海商業圏に次いで盛んになった北ヨーロッパ商業圏の主要が舞台となった。12世紀には、ドイツ人のエルベ川以東への東方植民が盛んになるにつれて、北ドイツのハンザ同盟諸都市の商人がバルト海に進出して、バルト海貿易が盛んになった。ハンザ同盟の商人はバルト海のニシンなどの海産物、内陸の穀物、材木や毛皮などを仕入れて、ネーデルラント、フランドル、イングランドなどにもたらし、毛織物などの製品と交易した。またバルト海沿岸の商品は内陸の交易路を通り、シャンパーニュや北イタリアにもたらされた。このようなハンザ同盟の活動と並行して、13世紀にはドイツ騎士団の東方進出が活発となり、彼らはキリスト教化を掲げて征服活動を続け、現在のポーランド北部からバルト三国にかけてのバルト海南東岸一帯を支配した。これが後のプロイセンの起源となる。

デンマークの進出

 14世紀、デンマークは北海からバルト海にかけて進出し、スウェーデン南部やバルト海中央のゴットランド、エストニアなどにも進出し、北ドイツのハンザ同盟諸都市とはげしく争った。王女マルグレーテノルウェー両国の女王となり、1397年にはスウェーデンを加えてカルマル同盟が形成された。この三国は実質的なデンマークの支配を受けることになった。

ポーランドとドイツ騎士団

 バルト海東南岸ではドイツ騎士団の進出に対抗して、1386年にリトアニアとポーランドが合同してリトアニア=ポーランド王国(ヤゲウォ朝)を結成、1410年にはヤゲウォの指揮するリトアニア=ポーランド軍はタンネンベルクの戦いで、ドイツ騎士団軍を破った。さらに1454~66年の十三年戦争でドイツ騎士団と戦ったポーランドはバルト海への出口グダンスク(ドイツ名ダンツィヒ)を回復した。

バルト帝国

 1523年にスウェーデンはカルマル同盟から独立してバーサ王朝が成立、キリスト教プロテスタント(新教)のルター派の王国として発展し、バルト海の覇権をめぐってロシア、ポーランド、デンマークと争うようになった。17世紀前半にはグスタフ=アドルフ王のもと絶対王政を作り上げ、北欧の強国に成長し、1618年にドイツで三十年戦争が始まると、カトリック勢力のドイツ皇帝(ハプスブルク家神聖ローマ皇帝)とポーランドが手を結ぶことを警戒して、新教側に参戦、1630年に介入しドイツに侵攻した。グスタフ=アドルフは1632年のリュッツェンの戦いで戦死したが、スウェーデンは戦後の講和条約である1648年のウェストファリア条約で、ポンメルンなど北ドイツに領土認められた。これによってスェーデンはバルト海を内海とする「バルト帝国」を形成した。

バルトの覇者

 スウェーデンに代わってバルト海に進出してきたのは、内陸のモスクワを中心に勢力を拡大してきたロシアであった。バルト海への出口をもたなかったロシアは、雷帝と言われたイヴァン4世以来、バルト海進出が悲願であったが、ピョートル1世/大帝は1700~21年の北方戦争スウェーデンを破り、ニスタットの和約でバルト海沿岸の地を獲得した。その戦いの最中、バルト海に面したペテルブルクを建設、1712年に首都とし、さらにロシア最初の艦隊バルチック艦隊(バルト海艦隊)を編成した。

現代のバルト諸国

 第一次世界大戦中の1917年にロシア革命によってロシアに社会主義政権が出現すると、ロシア領だったバルト沿岸で、1918年にリトアニアとラトヴィア、20年にはエストニアとバルト三国の独立が続き、20年にはフィンランドの独立も達成された。しかし、これらのバルト海諸国はソ連とドイツという東西からの脅威を常に受けることとなり、苦難の道が続く。
 フィンランドは第二次世界大戦勃発後にソ連軍の侵攻を受けて、ソ連=フィンランド戦争となり、激しい抵抗の末に制圧された。独ソ戦開始に伴ってドイツ側に立ち、再びソ連と戦い、大きな犠牲を出し、領土の割譲を受け容れた。エストニア・ラトビア・リトアニアのバルト三国も、1940年にソ連に併合され、一時ドイツに占領された後、44年からソ連邦を構成する共和国となった。その後もソ連邦の一部として、ロシア語が強制されるなど、民族意識は押さえつけられていたが、ペレストロイカ時代になって急速に独立の気運が起こってきた。1990年3月のリトアニアの独立宣言に始まるバルト三国のソ連からの離脱は、翌年のソ連崩壊をもたらすきっかけとなった。
 現在、バルト海沿岸諸国10ヵ国は、1992年に環バルト海評議会(CBSS)を結成して、環境・経済・文化などでの地域協力を進めている。