印刷 | 通常画面に戻る |

イスラームのヨーロッパ侵入

711年、イスラーム勢力がイベリア半島に侵入。732年にはフランク王国領に侵攻したが敗れる。その後、イベリア半島のイスラーム勢力は15世紀末まで続く。

610年にアラビアでムハンマドが起こしたイスラーム教団は、またたくまに西アジアを征服、661年からはウマイヤ朝のもとで勢力を北アフリカに進出し、西方征服を続けマグリブのイスラーム化が進んだ。 → イスラームのビザンツ帝国侵攻

イベリア半島

 ついに711年には(つまりムハンマドがイスラームを始めてほぼ100年目で)ジブラルタルを超えてイベリア半島を征服し、ヨーロッパのキリスト教世界は深刻な脅威を受けることとなった。イスラーム勢力は713年に西ゴート王国を滅ぼし、さらにピレネー山脈を越えてフランク王国の領土に侵入したが、732年のトゥール・ポワティエ間の戦いで宮宰カール=マルテルの率いるフランク軍に敗れ、イベリア半島に撤退した。しかしその後もイベリア半島を占領し続け、756年からはコルドバを都に後ウマイヤ朝が支配する。

南イタリア、シチリア島

 イスラーム勢力の伸長は、陸地だけでなく地中海世界の海上世界にも及んだ。南イタリアやシチリア島にはビザンツ帝国の支配が残っていたが、8世紀末、アッバース朝から北アフリカのチュニジアで自立したアグラブ朝は積極的に地中海に進出、827年以降はシチリア島に侵攻するようになり、ついに878年にはシラクサを占領してほぼ全島を支配をビザンツ帝国から奪い、次いで南イタリアの海岸部を部分的に占拠した。こうして地中海はイスラーム勢力下にはいることになる。このイスラーム勢力の地中海(特に西地中海)制圧は、カロリング朝フランク王国の支配圏を内陸だけにとじこめ、西ヨーロッパの商業活動を著しく停滞させた。 → ヨーロッパの遠隔地貿易
重要 「マホメットなくしてシュルルマーニュなし」 14世紀のイスラームの歴史家イブン=ハルドゥーンはそのありあまを、キリスト教徒は「もはや地中海上に板子一枚浮かべることは出来ない。」と表現した。また、イスラーム勢力の地中海への進出という情勢のもとでフランク王国が成立したことを、20世紀初めのベルギーの歴史家アンリ=ピレンヌは、「マホメット(ムハンマド)なくしてシュルルマーニュ(カール大帝)なし」と評した。