印刷 | 通常画面に戻る |

レニャーノの戦い

1176年、北イタリアの都市同盟軍が神聖ローマ皇帝軍に勝った戦い。

1176年、北イタリアの都市同盟ロンバルディア同盟軍が、神聖ローマ帝国皇帝のフリードリヒ1世(赤髯王)を破った戦い。イタリア政策を展開し、イタリアの支配を強化しようミラノを破壊したフリードリヒ1世に対して、イタリアの都市同盟軍が結束して戦って勝利した。皇帝は1183年のコンスタンツの和議でロンバルディア同盟都市の自治を認めた。後世のイタリアで統一と独立が叫ばれるリソルジメントの時代となると、この勝利が国民意識を高める出来事として称揚された。ヴェルディが1849年に作曲した「レニャーノの戦い」の初日、「永遠なるイタリアよ! 汝の男児らは、聖なる使命のもとに団結せり!」と歌う幕開きの合唱が始まると、歓喜した観客は口々に「イタリア万歳!」という熱狂的叫び声を上げた。<クリストファー・ダカン『イタリア史』1994 ケンブリッジ版世界各国史 創土社 p.14>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ウ.中世都市の成立