印刷 | 通常画面に戻る |

イタリアの統一/リソルジメント

中世以来分裂が続いたイタリアの民族国家の独立と統一の過程。リソルジメントともいう。

 イタリアは、ローマ文明とルネサンスを継承している地域であるが、政治的には中世を通じて統一されることはなく、北イタリアには多くの都市国家が生まれ、神聖ローマ帝国の支配に対して対抗して都市同盟を結成したり、中部イタリアにはローマ教皇が存在し、南イタリアにはナポリやシチリア島に同時の王国が続いていた。
 近代に入ってもイタリアの分裂状態は続いており、さらにイタリア戦争以来のオーストリアやフランス、スペインなどの他の西欧諸国の介入が続いた。北イタリアはオーストリア帝国の支配を受けていたが、1796年にフランス革命政府が派遣したナポレオンのイタリア遠征軍がオーストリア軍に勝利して、自由の理念をもたらして以来、その影響で市民階級による統一国家をめざす動きが始まった。このイタリアの統一と独立を目ざす運動をイタリアではリソルジメントという。 → イタリア(ナポレオンの支配から統一運動へ)

カルボナリの運動

:19世紀前半にウィーン体制のもとでは再びオーストリアの支配と旧体制が復活したが、イタリアの統一と独立を求める運動はカルボナリの蜂起となってまず現れた。1821年にカルボナリはピエモンテ、ナポリなどで反乱を起こしたが鎮圧された。続いて1831年にはフランスの七月革命の影響を受けて、中部を中心としたイタリアの反乱が起こったが、これもオーストリアによって鎮圧された。

青年イタリアの運動

:これらの秘密結社による運動に代わって、初めて組織的な統一運動の担い手となったのがマッツィーニらが組織した「青年イタリア」であり、彼らは共和政国家による統一を目指して運動を展開した。彼らが求めた過去のイタリアの栄光とはローマ帝国のことではなく、共和政ローマ、そして神聖ローマ帝国と戦いルネサンスの繁栄をもたらしたコムーネの栄光であった。ウィーン反動体制に対する民族主義と共和政を求める戦いが高揚した1848年には、ミラノとヴェネツィアで市民が蜂起し、共和政を宣言した。しかし、それらを支援したサルデーニャ王国がオーストリアと戦って敗れたため、これらの独立運動は抑えられてしまった。またマッツィーニらは1849年、ローマ共和国を実現させたが、これもフランスの介入で潰されてしまった。

サルデーニャによる統一運動

:19世紀後半のイタリア統一運動の主導権を握ったのがサルデーニャ王国(北西イタリアのピエモンテ地方とサルデーニャ島を領有していた)の首相カヴールであった。彼はクリミア戦争に参戦するなど巧みな外交でヨーロッパ列強のなかでのサルデーニャの地位を高めてフランスの支援を獲得し、北イタリアを支配していたオーストリアに戦いを挑んだ(イタリア統一戦争=伊墺戦争)。この戦いはフランスのナポレオン3世が途中でオーストリアとの単独講和に走ったため、サルデーニャはロンバルディアを得るに留まった。カヴールは1860年にはサヴォイアとニースをフランスに割譲する代わりに、中部イタリアを併合した。しかしまだローマを中心とした教皇領、シチリア島・南イタリアのナポリ王国が別個な権力として存続していた。

イタリア統一の実現

:そのような状況を一気に打開し、イタリア統一を急速に実現させたのが、1860年のガリバルディシチリア占領とそれに続くナポリ占領であった。ガリバルディはもともと共和派であったが、その占領地の統治権をサルデーニャ国王ヴィットリオ=エマヌエーレ2世に献上することによってイタリアの統一を実現させる道を選んだ。こうしてリソルジメントは一応完成し翌1861年正式にイタリア王国が成立したが、都はピエモンテのトリノに置かれ、北東部のヴェネツィア地方(ヴェネト)と教皇領のローマはまだ含まれていなかった。 → イタリア

統一の完成と残された問題

ヴェネティア併合は1866年の普墺戦争でオーストリアが敗れたため実現し、ローマは1870年の普仏戦争でフランスが敗れたため、フランス軍が撤退してイタリア王国がローマ教皇領を占領して、併合されて実現した。こうして翌1871年に首都となり、これによってリソルジメントは完了した。しかし、教皇領を奪われたローマ教皇ヴァチカン)はイタリア王国に敵対し、問題を残した。また、イタリア人住民の多いトリエステと南チロルがオーストリア領として残されたことは、「未回収のイタリア」と言われて第一次世界大戦の要因となっていく。

イタリア統一に至る二つの道筋

:イタリア統一の経過には二つの相対立する路線が絡んでいた。一つはマッツィーニからガリバルディに至る共和主義者による統一運動であり、それは共和政国家としてのイタリアを望み、中には連邦制の構想も含まれていた。それに対して、カヴールが推し進めたサルデーニャ王国の拡大によるイタリア統一の路線があり、これはあくまで国王のもとに統治される君主制国家としての統一を目指した。両者は相対立しながら統一運動を進め、最終的にはガリバルディの共和派が妥協し、サルデーニャ国王による統一を承認する形で終わった。しかし、この対立は統一の後のイタリア王国に多くの課題を残すことになる。<イタリア統一については、『世界の歴史』22 1999 中央公論新社 第6章(北原敦執筆)、ダガン『イタリアの歴史』2005 第4、5章を参照>

イタリア統一の意味

:このようにイタリアの統一はようやく19世紀の後半になってからのことであったことは十分理解しておく必要がある。1861年以前にはイタリアという国家は存在せず、単なる地域名にすぎなかった。ドイツも同じことが言え、国家統一をとげたのは1871年のドイツ帝国の成立の時である。それに加えてアジアの日本も同じ時期に近代的国民国家への歩みをはじめており、この三国が後に全体主義国家として枢軸を形成することになるのは興味深いところである。 → イタリア

リソルジメント

19世紀のイタリアの国家統一運動。「再興」または「復興」という意味でリソルジメントと言われた。

 19世紀初めから1860年代までに行われた、イタリアの統一運動のこと。リソルジメントとは、「再興」または「復興」という意味で、本来はかつてのイタリアの栄光をよみがえらせる運動を意味していたが、一般的にはその一面である国家統一運動のことを指すようになった。ウィーン体制下のカルボナリの運動、1831年の中部イタリアの反乱、マッツィーニの青年イタリアの運動、サルデーニャ王国の首相カヴールによる統一政策、オーストリアとの戦争などを経て、1860年のガリバルディによるシチリア島、ナポリの占領とサルデーニャ王へのその統治権の献上によってリソルジメントが完成した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 オ.イタリアの統一
書籍案内

ダガン/河野肇訳
『イタリアの歴史』
2005 ケンブリッジ版
世界各国史